フランスでかなり恥ずかしい思いをしてしまった出来事

私の夫はフランス人なのですが、あれは5年前、当時遠距離恋愛で二週間のバカンスを彼と一緒に過ごして後ろ髪を引かれつつも、フランスから大阪までの帰国便に搭乗するために搭乗手続きを済ませていた時のことです。

時間ギリギリまでロビーのソファーで彼とたわいもない話をして、辛い気持ちを紛らわせて、いよいよ時間も迫り、彼と別れを告げました。
頭の中は辛さで一杯、周りにも同じようなカップル達が、その間を通り抜け完全に頭がその事でいっぱいになりました。
普段からおっちょこちょいなものの、その日は格別に心ここに在らずでした。

そして金属探知機のゲートに差し掛かり、身の回りの金属類や、靴を脱ぎ、いざ!通りますよって時に、なぜかゲートではなくゲート横に透明なアクリル板が設置されていたんですが、気付かずその間を抜けようとしていました。

次の瞬間ドーン!!なんと真っ正面から突っ込んでしまったのです!
新喜劇ばりの壁ドン!「あっ!痛て?!」その瞬間周りにいたフランス人の職員が大爆笑!!
で、なぜか寿司好きとか知ってる日本語を何個か話されて、何?もう恥ずかし過ぎるわーっと顔を赤らめ搭乗口まで急ぎ足で行く私でした。http://zanminsh.com/